本文へスキップ

研究内容RESEARCH

有機物を効率よく分解するために、土壌中から有用な微生物を探索し、科学的な試験を繰り返し行って製品化しています。

(1)各種有機物分解菌

土壌中から、能力の高い有機物分解菌を取得しました。
使用環境に応じて、効率よく働く様に、熱に強い分解菌や酸性に強い分解菌など各種取り揃えています。




(2)油脂分解菌

油脂を分解するには、副産物である脂肪酸も積極的に分解しなければ解決にならない

有機物の中でも、油脂は分解が難しいものの一つです。
油脂を含む排水は、酸性に傾きがちであるため、酸性に強い油脂分解菌を土壌中より取得しました(特許取得済)。 しかし、油脂は、分解すると脂肪酸を副生し、脂肪酸は油脂と同様の性質を示します。油脂分解は、可逆反応のため、脂肪酸を積極的に分解しなければ油脂に戻るという性質があります。また、脂肪酸には、殺菌作用があるため、通常の微生物は生育できません。
そこで、高濃度脂肪酸存在下でも殺菌作用を受けずに、脂肪酸を効率よく分解する脂肪酸分解菌を福岡県内のツバキの木の下の土壌中より取得しました(特許出願中)。
これら油脂分解菌と脂肪酸分解菌を組み合わせて、油脂分解製剤を開発しました。 開発には、培養方法や製品の保存安定性の向上の検討などを繰り返し行いました。



油脂分解菌に関する研究 [PDF]
脂肪酸分解菌に関する研究(生物工学会にて発表) [PDF]

(3)過酸化水素分解酵素(カタラーゼ)の高効率生産

半導体工場や飲料工場において、洗浄殺菌剤として使用される過酸化水素は分解処理して
排出する必要があります。
当社では、過酸化水素分解酵素(カタラーゼ)を大量に生産する微生物を独自に取得しました。
この微生物を用いて効率的に生産する技術を確立することにより、
低コスト供給を実現しました。

また、カタラーゼが過酸化水素を分解するときに酸素が発生するため、
酸素供給剤としても利用できます。


カタラーゼ高生産菌についての研究 [PDF]

【新聞掲載】  日経新聞 2006年2月3日
【科学論文発表】Journal of Bioscience and Bioengineering Vol.106, No.6, 2008


株式会社MKバイオ

〒838-0106
福岡県小郡市三沢2964-7

TEL 0942-75-0777
FAX 0942-70-4077


1